• 「ぎゅっと抱きしめられる」

    そんな安心とぬくもりを、すべての子どもに

    子どもたちに「安心がずっとある居場所」と「生きる力」を

  • 「安心できる居場所」が必要な子どもたち

    傷ついた子どもが、「生きる力」 を育むために

    傷つけられてきた数多くの子どもたち

    親との離死別、ネグレクト、虐待などの事情から、家族と離れ、児童養護施設等で暮らす子どもたちは日本全国に3万人以上。児童虐待の相談件数は年間10万件を超えました。本来家庭で温かく見守られ、抱きしめられ、無条件に信じられる人々に囲まれて暮らすべき時期に、たくさんのつらい経験をして、たくさん傷ついてきた子どもたちがたくさんいます。

    「生きる力」は「自分を好きになる力」

    このような子ども達に必要なのは、「生きる力」を取り戻し、自分と他人を信用できるようになること。温かく見守られ、抱きしめられる経験を通して「自分を好きになる力」を育むことが、彼らの心の傷を癒し、意欲と力を引き出し、未来に向けて生きることにつながります。また、そこからさらに未来を生き抜くために、彼ら自身が強い「生きる力」を身に着けることが必要です。

    傷が癒えないまま社会へ

    しかし、今の社会の枠組みでは、すべての子どもたちにそのような環境を提供することはできていません。業務過多や人員不足にあえぐ児童養護施設では、子どもたち一人ひとりに向き合う時間を十分に取ることは難しく、職員さんは毎日の業務に追われています。そんな日常の中で、傷ついた心になんとか折り合いをつけて、社会に出る準備をするしかないのが、子どもたちの現状なのです。

  • 私たちの目指すこと

    安心と温もりのある「居場所」を、すべての子どもに提供する

    児童養護施設の支援

    心の傷を癒す「生活の場」へ

    学習支援や、ボランティア活用設計などを通して、児童養護施設の運営をサポート。子どもの心の傷を回復させ、未来に踏み出す力を育むことができる施設運営を支援します。

    親子・子育てサポート

    心の傷を未然に防止

    子育てに悩む親御さんや、親子関係に困難を抱える家族のサポートを行います。子どもの発達段階に応じた支援により、親子がともに幸せになる子育てを実現します。

    地域における「居場所」づくり

    子どものための「第3の場」

    地域における、子どもたちの「第3の居場所」づくりを支援します。心の傷を受けないための支援から、心の傷を負った場合の支援体制の構築までをサポートします。

  • プロフィール

    これからの日本をつくる、子どもたちを育てるために

    村上 綾野

    HUG for ALL 代表

    神戸大学発達科学部人間発達科学科 卒業

    日本元気塾 第3期米倉塾、第4期遠藤為末塾 卒塾

    (株)ベネッセホールディングスにて教育や新規事業などを担当

     

    2013年~ 児童養護施設出身者のための奨学金プログラム参画

    2015年~ 日本財団の「子どもの貧困対策プロジェクト」参画 

  • CONTACT US

    Facebook

    Email

  • 我々が出会った子どもたち

     「自分を好きじゃない」「誰も信じられない」「いいことなんてない」

    そんな言葉の裏にある苦しみと生きづらさ

    たかこ

    小学校5年生

    母とその「彼氏」、幼い妹との4人暮らし。母から「あんたはバカ」「どうせ性風俗で働くんだから」と言われ続け、「私はどうせお母さんみたいになるから何をやってもムダ」と、何に対してもやる気を出さない。学校では友達もできず、先生にも邪険にされてきた。悪環境を見かねた祖父母に引き取られるが「お前たちのことも大嫌いだ」「どうせ私を捨てるんだろう」と言い続け、全く心を開こうとしない。その一方で、夜にはひとり不安で泣いている日も多い。

    まさあき

    18歳。就職後1ヶ月で退職し、現在は無職

    親からの虐待が原因で、10歳から児童養護施設で暮らし始める。その2年後、兄のように慕っていた職員が突然退職。この「見捨てられた」経験から、誰も信じず、誰にも本音を言わないようにしてきた。高卒後、寮付の企業に就職したが、無口で可愛げがないと先輩・上司からいじめにあい退職。住むところも仕事もなく、とりあえず貯めたお金でネットカフェで生活している。今は相談相手もいないので、これからのことは何も考えられない。

    あゆみ

    高校2年生

    生後すぐに乳児院に預けられ、児童養護施設で育つ。小さいころから嫌われるのが怖くて、周りの雰囲気を読んで行動してしまうことが多く、施設職員からは「いい子で助かる」といつも言われている。施設は子どもの入れ替わりも多く、新しく来た子に職員さんがかかりきりになるので、自分のことはあまり考えてもらえない。気を引きたくて学校を休んでも、「あまり心配かけないで」と言われただけ。私のことなんて別に大事じゃないんだなと思っている。

     

     

     

    ※実際の子どもたちの声をもとに、再構成しています。
    ※名前は仮名です。